【静かorにぎやか どっちに泊まる?】2015年タイ出張記・しげ編

アジア情報2016年01月26日

0

こんにちは、メディア部のしげです。
昨年の12月のあたま、中島・きたざわと共にタイ(バンコク)へ出張に行っておりました!

今回の出張では、タイオフィスがあるエカマイ駅から1駅という理由でトンローという街に宿泊しました。その駅や周辺のレポートと、他にも宿泊によさげな街があったので、私からはそのあたりをレポートします。

タイへ出張や旅の予定がある方に、何かしらお役に立てば幸いです。

 

トンローのマリオットホテルはとってもおハイソ!

今回の宿泊先に選んだのは、BTSのトンロー駅を降りてすぐ目の前にあるバンコク マリオットホテル スクンビット。

1(引用:http://photrip-guide.com/2015/05/11/marriott-bangkok/)

タイオフィスから近いという理由が主でしたが、このおハイソな写真につられたのも事実です。ゴージャス!

 

2

部屋はキレイで清潔感あり。なんといってもお風呂が豪華!
2人でも余裕で入れる丸い浴槽に、バンコクの景色を眺められる開放的な窓もついています。夜は湯船につかりながら、夜景をゆっくり楽しむこともできますよ。

 

3

ホテルの朝食はバイキング形式。ラインナップが豊富、というホテルはよく有りますがマリオットの料理はどれもこれも日本人の舌に合うお味で安心です。
卵コーナーでは、スクランブル、目玉焼き、オムレツなどのほかに流行りのエッグベネディクトなんかも作ってもらえるという万全の体制。

更にはプールもあり、最上階には夜景が一望できるバーもありで、ホテルにいるだけでも十分に楽しむことができちゃいます。Wifiも無料だから安心!

 

次は、にぎやかな街に泊まるのも良さそう

マリオットホテルはとてもオススメなのですが、トンロー駅前周辺は、屋台や市場がちょこちょこあるものの、かなりこじんまりして静かな雰囲気。ゆったり過ごしたい人にはいいけれど、駅周辺で買い物や晩ご飯も済ませたい、という方には物足りないかもしれません。

そんな方にオススメなのは、トンロー駅からBTSで2駅のアソーク駅。
たった2駅しか離れてないのに、かなりにぎやかな街に変わります。

4

駅前には、大型ショッピングモールがあり、飲食店も数え切れないほどあるので、お店選びも楽しそうです。繁華街が好きな人には、アソークもあり! 私も次回訪タイ時の候補にしています。

安く泊まれて楽しめる街もある

寝る場所さえあればOK!という人なら、バックパッカーの聖地と呼ばれるカオサン通りもよさそうです。
世界中から旅行者が集まるカオサン通りには、ホテルよりも安く宿泊できるゲストハウスがたくさん。120バーツ(400円)くらいから泊まれる宿もあるようです。

ただゲストハウスは、バスやトイレ共同だったり、エアコンがなかったり、ホテルに比べるとサービスが劣るので、そのあたりが気にならない方におすすめできるのではないでしょうか。

5 (引用:https://retrip.jp/items/6195161/)

通りには無数の露店が並び、アクセサリー、ワンピース、タイパンツなど、タイ気分を味わえるアイテムもプチプラで買えるので、ショッピングだけでも十分楽しめます。

最近はオシャレな店も増えて、地元の若者にも人気らしく、歩く隙間もないほど人、人、人! とにかくにぎやかなのは間違いない街です。

 

お手頃マッサージと高級マッサージ体験

タイといえばマッサージは必ず体験したいものですよね。
今回、空き時間を利用して2回フットマッサージを受けてきました。
1つは60分120バーツ( 400円くらい)のお店。もう1つは60分300バーツ(990円くらい)。どんな違いがあるかな?

お手頃マッサージ「メイ マッサージ」

アソーク駅から徒歩10分くらいのところにあり、赤い看板が目印。建物2階。
店内は薄暗くて、スタッフが異様に多い印象。

6
(引用:http://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/kankospot/10411332/)

高級マッサージ「ヘルスランド」

アソーク、エカマイ、サトーン、パタヤなど、タイ国内に多数の店舗がある。その中から今回はエカマイ店へ。敷地が広くて、店内はゴージャス感が漂っていました。

7
(引用:http://www.healthlandspa.com/gallery.html)

クリスクタイスタッフ情報だと、マッサージは60分150バーツくらいが多いらしいので、120バーツのメイマッサージはかなりお手頃。
それと比べると、ヘルスランドはお高く思えてしまいますが、日本と比べれば格安なのは間違いないんですけどね。

マッサージの流れは、どちらもほとんど同じ。メイマッサージの方がやや力が強かったくらいでした。

それよりも店内の雰囲気に大きな差があるので、ここで個人の好みが分かれるのではないでしょうか。
この他にもワット・ポーの近くに、「ワットポーマッサージ」というタイマッサージの総本山があるらしいので、そちらも次回は試してみたいです。

ちなみに、ガイドブックなどにはチップは20バーツと書かれていることが多いですが、マッサージの場合は、50~100バーツくらいがフツウらしいのでお気をつけ下さい。

 

おわりに

バンコクで泊まるのに良さそうな場所、タイの定番マッサージを主に比較してみました。

滞在するエリアによってバンコクのイメージもだいぶ変わりそうなので、立地や環境、お店事情など、気になるポイントを絞ってから旅に出かけてみるとよいのではないでしょうか。

ここまでクリスクタイオフィスのことにあまり触れていませんが、ちゃんとオフィスにもいましたよ。

8
今回の出張は、タイの文化や最近流行っているものを体感しに行く、という任務もあったので、いろいろと動き回っていたという経緯がございます。

タイオフィスでは、タイ人スタッフと交流したり、日本人スタッフと情報交換したり、メディアのミーティングをしたり、なかなかに充実した出張となりました!

shige
メディア企画・運営リーダー
しげ

Clisk Japan

東京都品川区東五反田5-22-37

Clisk Thailand

689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
TEL +66-(0)2-060-6977

Clisk Vietnam

25F, TNR Tower. 180-192 Nguyen Cong Tru street, Nguyen Thai Binh ward, District 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

Clisk Malaysia

No.15-1, Menara 1 Montkiara, No.1, Jalan kiara, Montkiara, 50480,
Kuala Lumpur

Clisk Indonesia

Kantorkuu Citywalk Sudirman
Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220

©2005-2021 Clisk Corporation Japan