Webメディアと東南アジアSNSマーケティングの会社

MENU

CLOSE

AUTHOR

金城 弘二郎(Kojiro Kinjo)

Clisk Thailand(Clisk Co.,Ltd.)代表取締役 兼 株式会社クリスク 取締役
クリスクの海外事業(タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア)を統括。2013年のタイ着任以降、東南アジアのweb/SNSマーケティング支援の第一線に立ち続ける。家では家族を愛するパパ。趣味は野球とバドミントン。

金城 弘二郎(Kojiro Kinjo)が執筆した記事一覧


NHK WORLD様にてインフルエンサー施策事例を取材いただきました。

タイを始めとした東南アジアでは、Facebook、youtube、InstagramなどのSNS利用率がインターネットユーザーのほぼ100%を占めており、自己発信以外にも旅行先・ファッション・美容・食・エンターテイメントなどの情報収集先としても圧倒的な利用率となっております。

タイにおけるソーシャルメディアユーザーの属性をざっくり解説してみました

タイではもはや使っていない人はいないと言えるほど普及したFacebook。東南アジアでは特に若年層に広まっていると言われるSNSですが、タイでは意外にもシニア層のアクティブ率も高いです。2015年のタイのSNSの普及状況のリアルを、クリスク・タイの金城が解説します。

やっぱりスマホとソーシャルメディアがカギ?タイのOtoO事例を纏めてみました。

2015年のスマートフォン普及率は58%、そして今後4年以内に100%に達すると予想されているタイ。 そしてモバイルでの1日のインターネット平均利用時間が4時間以上で日本の約2倍、そしてASEANの中でも最も利用時間が長いのがタイでもあります。今回は、オンラインからリアル側に繋げる

東南アジアではどう使われている? ASEANでのソーシャルメディアの重要性と日本企業のFacebook活用事例

メンバーズさん主催のセミナー「中国最大SNS!Weibo(新浪微博)他、ソーシャルメディアでアジアを攻める!中国、東南アジアのソーシャルメディア事情と活用事例」にクリスク・タイの金城が登壇いたしました!今回はその内容をダイジェストでお届けします。

タイでInstagramが熱い!日本で人気タレント”ローラ”の約7倍!?

都市別アクティブユーザー数第1位のバンコクをもつタイでは、もはやFacebookは企業のプロモーションでも当たり前の存在になっている状況ではありますが、Facebookが2012年9月に買収した写真共有SNS "インスタグラム" もタイ国民に浸透しているSNSの一つとなります。

Contact Usお問い合わせ

どうぞお気軽に、ご質問・ご相談をお寄せください。

  • Clisk Japan

    東京都品川区東五反田5-22-37

  • Clisk Thailand

    689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
    TEL +66-(0)2-060-6977

  • Clisk Vietnam

    Tầng 10, FiveStar Tower, 28Bis Mạc Đĩnh Chi, P. Đa Kao, Quận 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

  • Clisk Malaysia

    A-15-9 Liberty Arc @Ampang Ukay, Jln Ulu Kelang, 68000 Ampang, Selangor, Malaysia

  • Clisk Indonesia

    Kantorkuu Citywalk Sudirman Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220