Webメディアと東南アジアSNSマーケティングの会社

MENU

CLOSE

2023年タイのデジタルマーケ・トレンドを総括!

ここ数年、企業のDX化が急速に進んでいる東南アジア市場。デジタルマーケティングがますます重要視される中、各国ではどのような戦略がトレンドになっているのでしょうか? 今回はタイ編をお届けします。

SNSでシェア/あとで読む
この記事のURLとタイトルをコピーする

thailand-topics-20231220_01

国民の多くがスマートフォンを利用し、モバイル決済も広がってきているタイ。
ソーシャルメディアエージェンシー「We Are Social」の調査によれば、2023年初頭の時点でタイでのインターネット普及率は85.3%、SNSユーザー数は総人口の72.8%に上っているとのことです。
広がるデジタル市場の中で、2023年にはどのような傾向の変化や出来事があったのでしょうか。
We Are Social & Meltwater (2023)、「デジタル 2023タイ」、2023年2月13日より

今回は、タイにおける2023年のデジタルマーケティングトレンドについて、クリスク・タイ現地スタッフのパーに聞いてみました。

SNSではショート動画の投稿が増加

クリスク
クリスク

タイではSNSも一般的になっていますが、SNSについて今年は何か変化がありましたか?

パー
パー

今年はショート動画が増えましたね。

TikTok、YouTube、Facebook、Instagramと代表的なSNSでは、ショート動画の投稿が圧倒的に増えて、目にすることが多くなりました。

クリスク
クリスク

パーさんも、ショート動画を見て何か買いましたか?

パー
パー

私はInstagramのリールで見つけたフィットネス器具を買いました。ピラティスに使うアイテムですが、フィットネス系の商品は動画だと使い方がわかりやすく、購入を決めやすいなと思いました。コロナ禍以降、健康意識が高まっているので、フィットネス系の動画はよく見かけるようになりましたね。

(クロイが買った器具のショート動画)

クリスク
クリスク

インフルエンサーだとどのようなショート動画をアップしているんですか?

パー
パー

TikTokでよく見るのは、富裕層インフルエンサーの1日の様子とか、出かける前の服選びの様子などを流すGRWM(「Get Ready With Me」の略で、「私と一緒に出かける準備をしよう」の意味)ですね。

クリスク
クリスク

YouTubeにもそうした動画は上がっていると思いますが、他のSNSのショート動画で増えてきているということでしょうか?

パー
パー

そうですね、ライフスタイル系の動画はYouTubeよりも他のSNSのショート動画でよく見られるようになっていると思います。

クリスク・タイのメンバー内で人気のTikTokインフルエンサーも富裕層ですが、ギラギラと派手すぎず上品な雰囲気がいいねとよく話しています。
https://www.tiktok.com/@chachanatcha_

クリスク
クリスク

「We Are Social」の調査では、2023年初頭のYouTubeのタイ国内のユーザー数は4390万人で、総人口7175万人のうち60%以上が使っていることになりますが、YouTubeではどんな動画を見るんですか?

パー
パー

私はゲームが好きなので、日本人バーチャルライバーがやっているゲーム配信の動画をよく見ますよ。バンコクで開催されるアニメやゲーム関連のイベントには、日本人のバーチャルライバーもゲストで来ることが多いんです。
https://www.youtube.com/@FuraKanato/streams

クリスク
クリスク

やはり、日本のアニメやゲームは人気なんですね!

インフルエンサーの投稿を見てTikTokショップで買い物をする

クリスク
クリスク

インフルエンサーの動向についてもう少し聞きたいのですが、動画を見て商品を買う人も増えているのでしょうか。

パー
パー

はい。

たとえばTikTokのインフルエンサーだと、ライフスタイルを配信する動画に「その服はどこで買ったんですか」などのコメントがよくつくので、自分の着ている服や持っているアイテムが買えるTikTokショップのリンクを貼っていることが多いんです。

TikTokショップは購入までの流れがすごくスムーズで、動画を見た人が「ほしい」と思ったらすぐ買えるようになっています。

クリスク
クリスク

いかにもPR案件だなとわかるような動画も上がっていますか?

パー
パー

スポンサー案件であることを記載していない動画もあるのですが、そういう動画よりも「これは自分で買ったものです」「これはブランドのPRです」と示している動画のほうが購入する気は起きやすいですよね。

クリスク
クリスク

TikTokショップはやはり伸びているんですね。

パー
パー

そうですね。タイでは今年からTikTokショップがスタートしていて、まだShopeeやLazadaのほうがユーザー数は多い状態ではありますが、今後シェアがどう変わっていくか注目されています。

ただ、FacebookInstagramはアプリ同士が連携されているので動画を目にする機会が多かったり、他のECサイトは割引クーポンも発行したりと、まだ優位にいるのかなと思います。

クリスク
クリスク

X(旧Twitter)でもインフルエンサーは活躍しているのでしょうか。

パー
パー

Xのインフルエンサーの場合は、アフィリエイトのリンクを貼っていたり、商品のレビューを投稿していたりすることが多いです。

商品やサービス、コンテンツなどの流行はXから始まることが多いようにも感じます。

KFCやバーガーキングなどの商品も大バズり!

クリスク
クリスク

定番のSNSアプリの他に、今年よく目にするようになった新しいアプリはありますか?

パー
パー

日本でも目にした人が多いと思いますが、若者向けの新しいSNS「Lemon8」はよく見かけますね。TikTokでもよく広告が流されていました。

Instagramに似ていますが、こちらはアフィリエイトや商品・サービスのレビュー、口コミがメインのSNSです。旅行するときの観光地情報をLemon8で検索している人も結構います。
https://www.lemon8-app.com/search/sug?region=th

クリスク
クリスク

注目のWebメディアは?

パー
パー

私のおすすめは「True ID」です。SEOに力を入れていて、たとえば「日本観光」とタイ語で検索すると、このサイトが上位に上がってきます。テレビドラマや映画などエンターテインメント系の動画配信をしているサイトですが、観光関連の動画も多数あり、私の友人も旅行先の情報を得るならここを見ていると言っています。
https://www.trueid.net/th-th

クリスク
クリスク

SNSに限らず、動画コンテンツが広がっているようですね。

パー
パー

Netflixで日本のアニメを見る人も多いですよ。最近だと『推しの子』や『鬼滅の刃』、『呪術廻戦』などはよく知られています。

クリスク
クリスク

他に、ネット上で話題になっているものがあれば教えてください。

パー
パー
クリスク
クリスク

日本にはない商品ですね、美味しそう!

パー
パー
クリスク
クリスク

食べ物以外ではどうでしょう?

パー
パー

アートトイが人気になっていて、POP MARTで行列を作っています。コラボ商品や数量の少ない限定商品も多く、ファンが押し寄せているんです。転売して稼いでいる人もいますよ。特に、タイ人デザイナーが作っている「Crybaby」というシリーズが注目を集めていますね。

クリスク
クリスク

中国・北京発のPOP MARTは日本でも原宿店が2022年にオープンしていますね。日本とはまた違ったブームがいろいろあって興味深いです。ありがとうございました!

まとめ

タイでは2023年にTikTokショップがオープンしていますが、ショート動画人気の上昇とともに来年以降、ECショップでのシェアがどう変わっていくか注目です。
またSNSに限らず動画配信サイトのユーザーも広がっており、今後のデジタルマーケティングのカギを握るのは動画だと言えそうです。

さらに、リアルのショップで人気を集めている商品も、SNS上で企業の公式アカウントが流す情報や、買った人のレビューをユーザーが見て、さらに人気が拡大していく傾向にあるようです。来年はどんな商品やコンテンツがバズっていくのか、要注目ですね。

クリスクでは、現地スタッフによる各国の調査を踏まえたWebマーケティングをご提案しています。もしSNS運用やWeb広告運用の案件があれば、お気軽にお声がけください!

※本文内で引用されている資料・データ、登場する人物の所属名・役職名などは掲載当時のものです。

東南アジアにおけるSNSを活用したマーケティングをサポートします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
東南アジア販促支援
詳細を見る

東南アジア販促支援

タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシア…etc.東南アジアを中心とした地域でのプロモーションを実施しています。

SNSでシェア
この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を書いたのは

東南アジア・東アジアのマーケティングに携わり12年!
タイから始まりベトナム・マレーシア・インドネシアにもオフィスを構え、現地メンバーと日本のディレクターチームとで東南アジア・東アジアでの集客・プロモーションを支援しています。

こんな記事も読まれています

Contact Usお問い合わせ

どうぞお気軽に、ご質問・ご相談をお寄せください。

株式会社クリスク
  • Clisk Japan

    東京都品川区東五反田5-22-37

  • Clisk Thailand

    689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
    TEL +66-(0)2-060-6977

  • Clisk Vietnam

    Tầng 10, FiveStar Tower, 28Bis Mạc Đĩnh Chi, P. Đa Kao, Quận 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

  • Clisk Malaysia

    A-15-9 Liberty Arc @Ampang Ukay, Jln Ulu Kelang, 68000 Ampang, Selangor, Malaysia

  • Clisk Indonesia

    Kantorkuu Citywalk Sudirman Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220