Webメディアと東南アジアSNSマーケティングの会社

MENU

CLOSE

マーケティング活用も! ベトナムで伸びる音声メディア市場はこれだ

ベトナムの音声メディア市場は盛り上がっています。利用時間は日本の3倍ほどです。現在でも人気のオーディオブックと、ポッドキャストが今後も伸びると予想されます。今回はベトナム音声メディアの現状と人気の理由について紹介します。

SNSでシェア/あとで読む
この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは! クリスク・ベトナムのリエンです。

前回は、世界中で注目されている音声メディアの現状について紹介してきましたが、今回は筆者が住むベトナムに的を絞って紹介したいと思います。

前回記事:日本人は知らない? 拡大する音声メディア市場とその可能性

ベトナムにおける音声メディアの現状

ベトナムでは、オーディオブックの利用率は日本の2倍以上、ポッドキャストは日本の3倍の利用率となっています。

また、同調査によると、ベトナムはスマートフォン・スマートホームデバイスの所有率も日本を上回ります。

▼ベトナムのデバイスの所有率(調査対象:16~64歳のインターネットユーザー)

  ベトナム 日本
スマートフォン 97.6% 92.6%
スマートホームデバイス 18.6% 5.1%
引用元: We Are Social
※表はクリスクによるまとめ

ただ、音声SNSはまだベトナムではあまり利用されていません。
しかし音声メディア自体は日本よりも広く親しまれているため、今後は関連ビジネスを含めた音声市場の発展が見込まれます。

ベトナムで今後伸びると予想される音声メディアジャンル

ベトナム市場では、現在でも人気のオーディオブックと、ポッドキャストが今後も伸びると予想されます。
では、それぞれ一体どういった点が人気に繋がっているのか、ビジネスとしてなぜ伸びる余地が大きいのか説明していきましょう。

オーディオブックで読書が有料コンテンツに変わる

以前、「どの漫画が人気? 電子書籍は? ベトナムでの日本漫画の普及と現状」という記事で紹介したように、ベトナムは海賊版が横行しているため電子書籍の発展が困難な市場です。

しかし、新しい読書のスタイルとして登場したオーディオブックは、今後の有料コンテンツの発展に貢献すると期待されています。

中でも注目されているのが、Fonos(フォノス)というベトナム国内のオーディオブックサービスです。

2020年4月にサービスを開始したFonos(フォノス)は、認知・定着度はまだ低いにもかかわらず、サービス開始から約1ヶ月で10万ユーザーを達成し、ベトナム最大のオーディオブック配信サービスの一つになりました。

引用元: https://fonos.vn/

Fonos(フォノス)は、会員登録をすると100冊以上のベストセラー作品など、版権を取得し音声化された作品を購入できるようになります。
オーディオブックのみならず、有料メンバーシップ会員限定のEbookや座禅の音声ガイド、ラジオなど音声コンテンツも提供しています。

ベトナムのデジタルニュースサイトZing Newsによると、Fonos(フォノス)の外務局長Thai Minh Chau 氏の発表として、2021年末の月間収益は年初に比べて6倍になり、アプリダウンロード数が30万件を突破しユーザーが継続的に増加していると報じられています。

(参考:Thị trường sách nói ở Việt Nam phát triển mạnh – Tin tức xuất bản

広告を飛ばさないポッドキャストユーザー

シンガポールの調査会社Kepiosがまとめた「1日あたりのメディア視聴時間」の調査結果によると、平日1日におけるベトナム人(16〜64歳)のインターネットの利用時間は、約6時間38分になることがわかりました。

そのうち44分をポッドキャストが占めています(日本は12分)。(参考:Digital 2022: Vietnam — DataReportal – Global Digital Insights

また、音声メディアの人気から、多くのベトナムのニュースサイトは、ポッドキャストサービスに限らず「音声で読める」機能を付けるようになってきました。ベトナムで最も読まれるニュースサイトである「VNExpress」はポッドキャストのサービスを提供しており、記事1本1本にコメント欄も用意されています。

なお、ベトナムでのApple Podcastの人気ランキングを見ると、トップ5のうち3つはインフルエンサーの個人チャンネルが占めています。

引用元:2022年3月8日時点のベトナムのApple Podcastランキング

なお、ポッドキャストでは視聴者は広告をスキップしない傾向が強いことがわかっています。

ベトナムの調査会社EloQ Communicationsによる調査では、ポッドキャスト視聴者の77%が広告をスキップしないという結果に。またアメリカの調査会社Edison ResearchおよびNational Public Mediaの共同調査でも、65%の聴取者が広告を聞いていることが判明しています。

こういった点からも、ポッドキャスト広告は今後のマーケティングにおける有効な選択肢の1つになるでしょう。

ポッドキャストのホストは、視聴者と直接コミュニケーションを取ることで視聴者との「つながり」と「親密さ」を生み出し、広告を自然に届けることができます。

参考)

まとめ

音声メディアは、新しいコミュニケーション手段として今後ますます拡大し続け、視聴者の日常生活の身近な部分につながっていくと予想されます。

エンターテインメントや教育分野での活用にとどまらず、市場の盛り上がりに伴い周辺ビジネスも盛り上がってきそうですね。うまく使えば、音声メディアは今後の欠かせないマーケティングツールになるはずです。

クリスクでは、あらゆるSNSやメディアを通じて東南アジアでのマーケティングをお手伝いさせて頂きます。ご希望の方は、ぜひクリスクにご相談ください!

※本文内で引用されている資料・データ、登場する人物の所属名・役職名などは掲載当時のものです。

東南アジアにおけるSNSを活用したマーケティングをサポートします。お気軽にご相談ください。

東南アジアマーケティング
詳細を見る

東南アジアマーケティング

タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシア…etc.東南アジアを中心とした地域でのプロモーションを実施しています。

SNSでシェア
この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を書いたのは

クリスク・ベトナム スタッフ
東京大学留学後、ベトナム大手IT企業で仕様書の翻訳や通訳を担当。クリスク・ベトナムで広告運用・インフルエンサーマーケティング・マーケットリサーチなどのデジタルマーケティング支援に携わるほか、ベトナム大手出版社でマンガ、小説のベトナム語翻訳も手掛ける。趣味は映画鑑賞、コンサート鑑賞、山登り。

こんな記事も読まれています

Contact Usお問い合わせ

どうぞお気軽に、ご質問・ご相談をお寄せください。

  • Clisk Japan

    東京都品川区東五反田5-22-37

  • Clisk Thailand

    689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
    TEL +66-(0)2-060-6977

  • Clisk Vietnam

    25F, TNR Tower. 180-192 Nguyen Cong Tru street, Nguyen Thai Binh ward, District 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

  • Clisk Malaysia

    A-15-9 Liberty Arc @Ampang Ukay, Jln Ulu Kelang, 68000 Ampang, Selangor, Malaysia

  • Clisk Indonesia

    Kantorkuu Citywalk Sudirman Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220