Webメディアと東南アジアSNSマーケティングの会社

MENU

CLOSE

利用率50%は見逃せない! インドネシアのLINEマーケティング事情

日本で約8,400万人を超えるユーザーを持つ「LINE」は、インドネシアでも徐々に成長率を高めて、既にメッセンジャーアプリとして2番目の利用率となっています。「LINE」は、オンラインショップなど小規模ビジネスにおいて活用できる機能があるため、インドネシアでも今後の成長がさらに期待できるでしょう。

SNSでシェア/あとで読む
この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは!
クリスク・インドネシアのタニアです。

日本で広く使われているメッセンジャーアプリ・LINEが、インドネシアも徐々にユーザーが増加していることはご存知でしょうか?

インドネシアでは、2016年までBlackberryメッセンジャー(BBM)が最も活発に使用されていましたが、2017年以降はBBMユーザーは減少しています。
その後、LINE(30%)は、BBM(26%)を追い抜き、WhatsApp、Facebook Messengerに続き、3番目に利用されるメッセンジャーアプリとなりました。

2016年と2017年のインドネシアのSNS利用率グラフ
(参考: We Are Social

2020年1月現在では、LINEの利用率は50%に達し、WhatsApp(84%)に次いで2番目に多く使用されるメッセンジャーとなっています。(参考:We Are Social)

LINEのインドネシアユーザー数

LINEインドネシアが発表した利用ユーザーのデータをまとめて紹介いたします。

  • MAU:2,500万人(インドネシアSNSユーザーの約15.6%)
  • 男女比率:女性58%、男性42%
  • 年齢比率:20~24歳(33%)、15~19歳(30%)、25~29歳(19%)
  • ユーザー所在地:Jabodetabek※(37.6%)、バンドン(8.5%)、メダン(4.7%)

※ジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシの都市をまとめた略称

大都市圏の若者から人気が高い、という状況は日本と同じですね。

LINEインドネシアの年代別ユーザーデータ
引用元: https://www.linebiz.com/id-en/

LINEインドネシアのマーケティング事例

LINEの強みの1つは、公式アカウント機能です。公式アカウントを通して、ブランドは商品の認知を高め、より簡単に消費者にアプローチできます。

では、インドネシアではブランド側はどのようなLINEマーケティングを行っているのでしょうか。

事例と合わせてマーケティングに使える機能なども紹介していきます。

BCA(Bank Central Asia):金融業

2020年7月にForbesインドネシアのThe World’s Best Banksの第1位にも選ばれたBank Central Asia(BCA)はインドネシア最大の民間銀行の1つ。2019年12月の時点で、約2,200万件の顧客口座を持っているそうです。

BCAのLINE公式アカウントでは、ユーザーに以下のサービスが提供されています。

  • BCAのマーチャントプロモーション
  • ATMと支店の検索サービス
  • 為替レート情報
  • クレジットカード登録
  • 残高チェック(デビットとクレジットカード)
  • 口座明細書
  • お知らせなどの情報
BCAのLINEアカウント受信画面

LINE内ではViraというチャットボットを使用しており、顧客に24時間の問い合わせサポートを提供しています。

Starbucksインドネシア:飲食業

近年、インドネシアでもカフェ愛好家は増加しており、Starbucksも大都市で特に人気のコーヒーショップの1つとなっています。

Starbucksインドネシアの公式LINEでは限定のメニューに加えて、毎日割引などのプロモーションが提供されています。

StarbucksインドネシアのLINEアカウント受信画面とクーポン

Starbucksインドネシアは、LINEを通じて店舗で直接交換できるクーポンを頻繫に配ります。800万人フォロワーのうち、クーポンの視聴回数は750万件に達しました。(参考: 2020年のLINEインドネシアB2B資料)

LINEアプリ内の店舗検索・注文ページ

さらに、公式アカウントの店舗検索や注文画面にもつながっているため、インストアピックアップとドライブスルーの利用者のみですが、LINEから注文することができます。

このデリバリー機能については、GrabFoodやGoFood(オンラインデリバリーサービス)の選択肢もあります。

Grab Indonesia:配車サービス業

Grabは、東南アジア初の「デカコーン」スタートアップです。

Grabインドネシアは、バイク(GrabBike)、車(Grabcar)、タクシー(GrabTaxi)、宅配便(GrabExpress)、フードデリバリー(GrabFood)、カープーリング(GrabHitch Car)などのオンラインサービスを提供しており、インドネシア全土の125の都市で利用できます。

Grab公式アカウントでのプロモーション情報とレストラン検索機能

Grabの公式アカウントでは、GrabFoodのサービスをフォーカスしています。利用できる機能は、GrabFoodのプロモーションと近くにあるレストランの検索機能です。

レストラン検索機能を使用するには、まず位置情報の共有を許可します。すると、近くにあるすでにGrabのパートナーとなっているレストランやお店のリストを受け取ることができます。

近くのレストラン・お店リストの例

レストランを選択すると、ユーザーはメニューを表示し、Googleマップを介してレストランの位置情報を取得できます。

レストランのメニューや位置情報がわかります

小規模ビジネスでの活用事例

大手ブランドだけでなく、オンラインショップなどの小規模事業者なども公式アカウントをマーケティングのプラットフォームとして使用し始めています。

通常、LINE IDをオンラインショップのウェブサイトやInstagramに載せます。

化粧品ブランド・オンラインショップのInstagramにLINE IDを掲載

商品やプロモーションの告知だけでなく、顧客は注文や問い合わせなど、管理者と直接チャットもできます。さらにタイムライン機能から価格表やカタログを投稿することもできます。

まとめ

LINEはメッセンジャーアプリとしてだけではなく、多様な機能で便利で多目的に利用できるアプリになりつつあります。

インドネシアでは、まだWhatsAppユーザーほど多くはありませんが、LINE ShoppingやLINE Jobsなどの機能は非常に興味深く、これから更にユーザー数を増やす可能性があります。

公式アカウントではLINEのマーケティング機能を利用できるため、インドネシアでのオンラインマーケティングを行うためには欠かせないツールとなってくるでしょう。

(編集:きたざわあいこ)

※本文内で引用されている資料・データ、登場する人物の所属名・役職名などは掲載当時のものです。

東南アジアにおけるSNSを活用したマーケティングをサポートします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
東南アジア販促支援
詳細を見る

東南アジア販促支援

タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシア…etc.東南アジアを中心とした地域でのプロモーションを実施しています。

SNSでシェア
この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を書いたのは

クリスク・インドネシア スタッフ
インドネシアの大学でグラフィックデザインを専攻。日本への留学時、1年でJLPT N2に合格した努力家。クリスク・インドネシアへのジョイン後はインドネシアのSNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングを多数手掛ける。趣味は映画鑑賞、コンサート鑑賞、音楽を聞くこと。

こんな記事も読まれています

Contact Usお問い合わせ

どうぞお気軽に、ご質問・ご相談をお寄せください。

株式会社クリスク
  • Clisk Japan

    東京都品川区東五反田5-22-37

  • Clisk Thailand

    689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
    TEL +66-(0)2-060-6977

  • Clisk Vietnam

    Tầng 10, FiveStar Tower, 28Bis Mạc Đĩnh Chi, P. Đa Kao, Quận 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

  • Clisk Malaysia

    A-15-9 Liberty Arc @Ampang Ukay, Jln Ulu Kelang, 68000 Ampang, Selangor, Malaysia

  • Clisk Indonesia

    Kantorkuu Citywalk Sudirman Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220