新代表・山下よりご挨拶【インタビュー】

クリスクの人々2022年01月1日

明けましておめでとうございます。
昨年(2021年)、株式会社クリスクの代表取締役に就任した山下です。

代表の杉島から引き継ぎ、新たな体制で歩み始めたクリスクですが、山下ってどんな人なの?クリスクはどうなるの?ということを、改めて皆様にお伝えしたいと思います。

自分一人で書き連ねることが苦手なため、インタビュー形式で私の人となりや今後のクリスクについてご紹介し、会社のこと、私のことを知っていただければ幸いです。

山下さんってどんな人ですか?

── 早速ですが、山下さんはこれまでどのようなお仕事をされてきたのでしょうか?

不動産情報サイト運営会社、WEB制作会社、大手求人情報サイト運営会社、大手地域情報メディア会社の計4社一貫してインターネットを活用した事業に携わってきました。
そのなかで営業からディレクション新規事業開発事業全体のマネジメントなど様々な経験をしてきました。その後独立し、それまでの経験を活かして様々な企業の事業推進の支援を行っていました。

── クリスクとは以前から交流がありましたよね?(よくオフィスで顔をみかけました。)

はい。僕が会社員時代には、外部パートナーとしてメディア運営の支援をしてもらったり、一緒に事業を立ち上げたりしていました。そして独立後も一緒に仕事をする仲間でした。

── なぜクリスクの代表になったのでしょう。

独立後の支援先のひとつでもあったクリスクですが、前クリスク代表の杉島さんとは、一緒に仕事をするなかで、いろいろな話をしてきました。悩みも相談しました。

そのなかで、杉島さんから支援先の一つとしてではなく、代表として新たなクリスクをつくってくれないかという話をもらい引き受けることにしました。かなり悩みましたが……。

幸い、クリスクにはどういう人達がいるか、やり方・考え方などもある程度わかっていたので、このチームでサービスを作っていくことで、お客様はもちろん、世の中に提供できる価値を増やせると感じましたし、これまでの自分の経験を最大限活かせる環境だと思いました。

── 実際代表になってみて、いかがでしょうか。

独立後、一人で様々な企業の支援を行ってきましたが、正直、一人の限界を感じた部分もありました。一人じゃないことでやれること、会社という枠組みあるからこそできることがあると改めて感じています。そして、自分のこれまで経験を伝えることで、新たな動きがでてきている実感もあります。

僕は、いろんなことを知りたい、関わりたいという性格ですが、クリスクでは全てのことに関わりつつ、新しい取り組みもチームで行っていけます。まさにこういう環境を求めていたので、新たなチャレンジができるなという気持ちでとても楽しいですね。

どんな会社にしていきたい?

──どのような事業を今後行っていきたいという展望はありますか?

新たな事業というより、まず今求められている、目の前のことをあらためてしっかりやっていくことが大切だと思っています。というのも、クリスクは現在、「通信制高校ナビ」や「不登校サポートナビ」などのサイトを運営し、多くのユーザーさんにご利用いただいています。また、海外でのSNSマーケティングも多数の企業様から継続的にお任せいただくことが増えてきています。

このように、いま大きなニーズがあり、必要としてくださっている人がいる。であれば、それに対して、もっともっとお返しできることを追求していきたい気持ちが強いですね。

──例えばどのような形が考えられますか?

そうですね。例えば、クリスクはインターネットでの取り組みに強みがありますが、今後はリアルと掛け合わせていくこともあるかもしれません。形は問わず、新たなことをやっていきたいですね。

会社としては利益を出さないといけません。そのためには誰かの役に立ち続けないとお金は払っていただけない。だからこそ、世の中やクライアントさんの役に立ち続けられるように、一緒に歩んでいきたいと考えています。

──なるほど。ではクリスクをどのような会社にしていきたい、というビジョンはありますか?

プロフェッショナルとして、常にチャレンジし続ける会社にしたいです。各スタッフの想い、したいこと、それをサポートしていける、そういう会社でありたいですね。
もちろん今までの経験だけでこれが実現できるわけではないので、日々現場のスタッフや関係者のみなさんとコミュニケーションを取りながら、社長としてやるべきことがたくさんあるな、という現実にもぶつかっていますが(笑)

ご挨拶

── それでは最後に、クライントの皆様に改めてご挨拶をお願いします。

あらためてクリスクの代表取締役に就任しました山下典久です。環境変化の激しい昨今ですが、従来の立ち位置にとどまることなく、常に新しいことにチャレンジし、新たな価値を提供できるよう社員一同邁進していく所存です。
そのために、できる限りクライアントの皆様とは気軽に話せる関係を作っていきたいです。対話の中からできること、必要なことを一緒に作り上げていきたいと考えています。

こんな私ですが、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

—–

以上、新たなクリスクの代表となった山下の挨拶インタビューでした!
どのような想いで社長に就任したのか、読者の皆様にも伝わっていたら嬉しいです。

Clisk Japan

東京都品川区東五反田5-22-37

Clisk Thailand

689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
TEL +66-(0)2-060-6977

Clisk Vietnam

25F, TNR Tower. 180-192 Nguyen Cong Tru street, Nguyen Thai Binh ward, District 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

Clisk Malaysia

No.15-1, Menara 1 Montkiara, No.1, Jalan kiara, Montkiara, 50480,
Kuala Lumpur

Clisk Indonesia

Kantorkuu Citywalk Sudirman
Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220

©2005-2022 Clisk Corporation Japan