シェア50%以上!ベトナムの最新TikTok事情とマーケ事例

こんにちは!クリスク・ベトナムのリエンです。 現在ベトナムでは、ショート動画の作成・共有サービスを提供しているTikTokがマーケッターから注目を集めています。今回は、ベトナムでのTikTok状況と、TikTokマーケティングがどのように行われているかをご紹介します! 動画マーケティングに有利!? TikTokの特徴 まずはTikTokの仕組みや特徴についておさらいしていきましょう(知っているよ!という方は飛ばしてくださいね) 特徴① 3分限定 TikTokへ投稿できる動画は最長3分です。なお、動画配信ツールを提供しているWistia(イギリス)による調査では、動画が2分を超えるとエンゲージメントが低下し、動画の長さが5分を超えると50%以上の視聴者が見るのを止めてしまうというデータが出ています。 特徴② 縦動画 TikTokのインターフェースは縦型です。動画のマーケティングツールを提供しているBufferと、動画作成ツールのAnimatoとの共同調査では、縦型動画の方が広告のコストが安く、また再生回数が長くなることが示されています。 特徴③ ハッシュタグ TikTokによる「レコメンド」「トレンド」とは別に、ユーザーは興味のあるトピックをハッシュタグで簡単に探せます。プロモーションを行う時やトレンドを作る時に、ハッシュタグは不可欠です。 参考)1. How Long Should Your Next Video Be?  – Wistia Blog2. Understanding Audience Retention – Wistia Blog3. 1分以上の長尺動画の提供開始 | TikTok ニュースルーム4. Does Vertical Video Make a Difference? We Spent $6,000 on Tests to Find Out ベトナムにおけるTikTokの概況 TikTokが2018年にベトナムに参入してからわずか4年で、ユーザー数(18歳以上)は3,965万人に達しました。2021年時点でのユーザー数(18歳以上)は、全世界で6位にランクインしています。 対人口比でも、ベトナムは日本より圧倒的にTikTokが普及していることがわかります。 ベトナム 日本 ユーザー数 (18歳以上) 3,965万 1,564万 … Continue reading シェア50%以上!ベトナムの最新TikTok事情とマーケ事例