【タイ最新マーケトレンド】FacebookグループでのEC販売がブーム

ASEANマーケティング2021年02月18日

こんにちは!クリスク ・タイのパーです!

コロナへの感染防止対策によって、必然的にオンラインの活用が進み、新たなトレンドが生まれています。そのため、企業はこれまでのマーケティングプランを見直す必要がでてきました。

そこで2020年、タイではオンラインマーケティングの一つとして、Facebookグループを活用したECがトレンドとなりました。

今回はタイのマーケッターが注目するFacebookグループのEC手法を紹介します。

この記事でわかること!

  • タイでのFacebookグループの人気
  • どのようにしてECを行うのか?
  • FacebookグループでECを行うときのコツ

Facebookグループとは?

Facebookグループについてはご存知の方も多いと思いますが、あらためて簡単にご説明します。

Facebookグループとは、ビジネスや趣味など同じテーマに関心を持つユーザーが、友達以外のユーザーと情報交換ができるFacebook上のコミュニティです。

Facebookページとどう違うの?

Facebookページとグループはどう違うのか、改めて2つの違いについても整理しておきましょう。

Facebookページ

個人向けの機能とは別に、企業や個人事業主などが会社名やブランド名などで作成できるビジネス向けのページで、情報発信がメインの機能となります。

Googleなどの検索サイトの検索結果にも表示され、Facebookのアカウントを持っていなくても、誰でもページにアクセスでき、内容をみることができます。

Facebookグループ

グループには管理者がおり、情報の公開範囲を設定できます。基本的にメンバーしかアクセスできないページで、グループチャット機能など、特定のメンバー間でコミュニケーションを深めるための機能があります。

なお、Facebookは人と人とのコミュニケーションを大事にしているため、FacebookページよりFacebookグループでのアクティビティを重視する傾向があります。

タイのFacebookグループの人気は?

タイでは様々なジャンルのFacebookグループが600万以上あり、4500万人以上がなんらかのFacebookグループに参加しています。

  • Facebookのアカウント数:約5000万
  • Facebookグループのメンバーになっているユーザー数:約4500万
  • アクティブなFacebookグループ数:約600万

参考)COVID-19 สร้างปรากฏการณ์ Facebook Group โต! เผย 10 เทคนิคสร้าง “Online Community” ให้แข็งแกร่ง

FBグループでECを行う方法は?

Facebookグループで、売買機能(Facebookのグループ内で物の売買や物々交換ができる)をオンにすることで、メンバー同士で商品の取引ができるようになります。

簡単に言うと、Facebookグループでオンラインフリーマーケットのようなことができるということです。

参考)Facebook販売グループ内で販売するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

商品は在庫販売と予約販売が可能。商品販売の投稿を行うと、その商品に興味あるメンバーが「興味あります」「〇〇個注文したいです」というようなコメントをします。その後投稿主はコメントしたメンバーに個別メッセージを送って、取引の続きを行います。

タイでFacebookグループECが拡がったきっかけとは?

タイ人は元々ソーシャルコマース(SNSで行われる個人間のEコマース)が好きでよく利用していました。

▼参考記事

そんな中、FacebookグループのECが流行ったきっかけは、「チュラ・マーケット・プレス」という、コロナによって経済的な被害に遭っているチュラロンコン大学(以降 チュラ大)の在学生、卒業者による助け合いを目的にしたグループでした。

チュラマーケットプレイスのFacebookグループ
  • 作成日:2020年4月11日
  • メンバー数:約300,000人

このグループは、チュラ大出身の人が自分が扱ってる商品をなんでも売ってもよいグループです。グループ開設後すぐにチュラ大出身の俳優や有名人が販売投稿をしたり、他メンバーからも高級な家や土地の投稿がされたりして話題になりました。

その結果、タイのインターネットトレンドの1位にもなり、開設後約2週間で21万人以上のメンバーが集まりました。

これがきっかけで、今まで以上にグループが使われるようになり、同じようなコンセプトのグループが次々と作られました。

Facebookでどうやって決済するの?

日本人の方は「決済機能がないFacebookでどうやってお金のやり取りをするのだろう?」と疑問を感じると思います。

タイでは以下のような方法で決済をしています。

  1. 購入希望者が商品販売者に「商品に興味ある」「この商品を〇〇個下さい」というメッセージを送る
  2. 商品販売者が合計金額とお店の口座番号を購入希望者に伝える
  3. 購入希望者がお店の口座番号に送金をして、レシートの画像を証拠としてチャットに送る
  4. 商品販売者が入金を確認できたら、購入者が商品受け取りのため、名前・アドレス・携帯番号を販売者に送って取引完了

Facebook自体に決済機能がなくて少々面倒ですが、タイ人はこの方法に慣れています。

FBグループECの効果的な使い方

■在庫が少なくレアな商品なら、販売スタートタイミングを予告

在庫があまりなくて需要が高い商品なら、普通に投稿するのではなく、集客のために販売のタイミングを前もって予告投稿するなど盛り上げてから販売すると良いでしょう。

■アフターサービスやCRMの場にする

既に一度購入してくれた人のみ、ブランドのFacebookグループメンバーになってもらえば、ブランドの会員制コミュニティーにすることができます。

例えば、ブランドから一番早くプロモーション情報やグループメンバー限定のコンテンツなどを提供したりすれば、アフターサービスと顧客維持の効果があります。

■サンプルグループとして活用する

Facebookグループのメンバーは同じ興味関心を持つ人の集まりなので、ブランドにとってよいサンプルグループになります。マーケティングデータを取りたい時には、Facebookグループを利用するといいかもしれません。

ソーシャルコマース好きなタイ人

タイ人は元々ソーシャルコマース(SNSで行われるEコマース)が好きで、Facebook上で商品販売の投稿を行いフリーマーケット的な個人売買も盛んです。

今後FacebookグループでのECはもっと伸びると考えられます。また、Facebookが新たな機能を追加するなどして、タイ国内ではもっともっとECプラットフォームとして使われるようになるでしょう。

タイ人の心を掴むためにFacebookグループも、一つのチャンネルとして上手く活用してみてはいかがでしょうか!

(執筆:パニダー・ラックサット/編集:ヤマシタノリヒサ)

クリスクでは東南アジアを対象に、ソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。
お気軽にご相談ください。

>> 東南アジアのサービス詳細はこちら


この記事を書いたのは

クリスク・タイスタッフ PanidaRugsaj/パニダー・ラックサット

<PR>
タイオフィス : http://www.clisk.co.th/
五反田オフィス : http://www.clisk.com/company/
クリスクタイ FBページ : https://www.facebook.com/cliskthailand/

東南アジアマーケティング情報発信中 : https://twitter.com/CliskASEAN

クリスクでは東南アジアを対象にソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。お気軽にご相談ください。 → 東南アジアのサービス詳細はこちら

Clisk Japan

東京都品川区東五反田5-22-37

Clisk Thailand

689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
TEL +66-(0)2-060-6977

Clisk Vietnam

25F, TNR Tower. 180-192 Nguyen Cong Tru street, Nguyen Thai Binh ward, District 1, Ho Chi Minh city, Vietnam

Clisk Malaysia

No.15-1, Menara 1 Montkiara, No.1, Jalan kiara, Montkiara, 50480,
Kuala Lumpur

Clisk Indonesia

Kantorkuu Citywalk Sudirman
Jl. K.H. Mas Mansyur No.121 Level 2, RT.10/RW.11, Jakarta 10220

©2005-2021 Clisk Corporation Japan