SEO効果を高めるサイトポテンシャルとは? 被リンク編

前回は「コンテンツが重要」という内容でお届けしましたが、今回は外部リンクのお話をしたいと思います。

 

外部リンクは今も順位に影響しています

良いページにはSNSやブログといった様々な場所からリンクが貼られます。ただリンクは前回述べたように、そこからの流入の数が多いかどうかではなく、リンクを貼られたこと自体がプラスとなります。

2000年あたりはリンクの本数が多いだけで検索順位が上がることもあったため、SEO対策用のリンク集を大量に作成し、施策対象となるサイトにリンクを集めるといったSEO対策がブームとなっていました。しかしご存知の通り、今これは通じません。
リンク元にもある程度工夫がなければ、評価が上がらないどころかペナルティを受ける可能性が高くなっています。

しかしこれを逆手にとり、競合に対してわざと質の悪いリンクを貼ることで順位を落とすという「逆SEO」という悪質なサービスも出てきてしまいました。
もちろんこのような姑息な手段を検索エンジン側は嫌うため、業者を特定し検索エンジンから企業のウェブサイトを削除するという手厳しいペナルティを与えたりします。
実際にそういう企業のサイトを目のあたりにしてきたので、このような方法は考えず、まっとうなSEO対策を行うのが得策です。

さて、話を戻しますとリンクの評価に関して言えば、2000年代初期(SNSやブログなどがはやる以前)のアルゴリズムの名残、無くすに無くせず、という形ではありますが、評価の対象として今も機能しています。しかし、その評価度合いとしては徐々に弱まってきている状態です。

しかしながら、サイトの評価判断の1つとして使われている事は確かなので、リンクを集められるようなコンテンツを作成し、ポテンシャルを上げていく事はSEOを行う上で非常に重要なこととなります。

どのような場所からリンクが張られているかを確認するにはGoogle Search Consoleで確認することができます。

gsc

Google Search Consoleの中にある
「検索トラフィック」>「サイトへのリンク」
で張られているリンクの情報を見ることができます。

Google Search Consoleはそのほかにもサイトの情報を見ることができるので、登録していない、という人は是非登録してみてください。

では次回は、この「Google Search Console」で何ができるかにスポットをあててみましょうか。(思いつき……)

 

被リンクまとめ

まだ効果はある!

 

言いたかった事

外部リンクの効果はありますが、前提としては前回紹介した「情報の質と量」がサイトに備わっていなければ、今回説明した良質なリンクも集めることはできません。

SEOだけを考えてサイトを制作してしまうと、そのサイトの成長は遅いものとなります。
成長に速さを求めるのであれば、一見遠回りのように見えるかもしれませんが、人の役に立つコンテンツを作成した上で「情報を配信・拡散する」という方法が必要となります。

この場合、SNSや広告なども利用し、コンテンツにファーストタッチさせる「きっかけ作り」を行いましょう。そこで良い記事であれば、シェアされたり、RTされたりと、きっかけが広がっていきます。
SEOとは、あくまでWebマーケティングの一手段にしかすぎず、それだけで完結できるものではないということを認識してサイト運営に取り組まなければなりません。

僕個人としては、多くの人が言っている「SEO」とは、当たり前の事をやっていれば勝手に出来上がるものなのです。なので、順位を上げたいと思うのであれば、コンテンツの企画やサイト構成・ユーザビリティの向上などに労力をかけた方が、結果として良い方向に進みますよ、と日々お伝えしています。

この記事を書いたのは

12345605_1218437531505303_4234975585131673624_n
コンサルタント
中島健治

https://www.facebook.com/kenji246

Clisk Japan

東京都品川区西五反田2-25-1 インテックス五反田2F
TEL 03-5759-6646
FAX 03-5759-6647

Clisk Thailand

689 Bhiraj Tower at Emquartier, Unit No.1602, 16Floor Sukhumvit Road, North Klongton, Vadhana, Bangkok 10110
TEL +66-(0)2-060-6977

©2005-2017 Clisk Corporation Japan